平成20年度 北海道大学水産学部 公開講座

■■■  開 講 の 目 的  ■■■

 函館に住んでいても,夏は暑く,冬の雪は少なめ,と地球環境の変化を敏感に感じられるようになってきました。今年は,洞爺湖で開催される,主要8ヶ国首脳会議(サミット)で,このように変化する地球環境にどのように対処していくべきか,今後の取り組みが話し合われることになっています。
 また,鳥インフルエンザや狂牛病など,家畜の病気が人に流行することが心配されています。このため私たちの生活に欠かせない食料を陸上の生き物からより安全性の高い海の生き物に求める世界的な動きがますます加速しています。では,「海」と「そこに住む魚貝藻類」は地球環境の変化をどのように受けているのでしょうか?そして,これから,海の食資源はどのようになっていくのでしょうか?海の現況を正確に知っておくことは,水産物を大切に生活に役立ててきた日本人にとって,この上なく大事なことです。
 今年の水産学部公開講座では,気候変動により海洋生態系がどのように変化しているのか,魚貝藻類を持続的に利用するための資源管理とは何か,環境に負荷をかけない漁業はどうあるべきか,そして日本の漁業政策の現状はどうなっているのか,水産科学の最新の話題を第一線の研究者が平易に紹介します。
 この講座を通して,安全で持続可能な海の食料生産を目指す様々な取り組みを知っていただき,「海を守り」そして「海の食資源を保障していく」ために我々がどのように行動すべきか,市民のみなさんと共に議論を深め,問題の解決の糸口を探ることができれば幸いです。

北海道大学水産学部公開講座委員長
澤 辺  智 雄


お申し込みについてはこちら

■■■  開講日及び講義内容  ■■■

日 程 講義項目 講 師
第1回 6月7日(土) 気候変化と海洋生態系
−地球温暖化に負けない漁業とは−

北海道大学大学院水産科学研究院
資源生物学分野
教授 さくらい
桜 井
やすのり
泰 憲
第2回 6月14日(土) 宇宙から見た海の生態系
北海道大学大学院水産科学研究院
海洋資源計測学分野
教授 さいとう
齊 藤
せいいち
誠 一
第3回 6月21日(土) 海洋制度と水産政策
北海道大学大学院水産科学研究院
資源保全管理戦略分野
教授 おかもと
岡 本
じゅんいちろう
純 一 郎
第4回 7月5日(土) サケは海からの贈り物
−地球温暖化にそなえる−

北海道大学大学院水産科学研究院
資源保全管理戦略分野
教授 かえりやま
帰 山
まさひで
雅 秀
第5回 7月12日(土) 環境と生態系に優しい漁業を目指して
北海道大学大学院水産科学研究院
海洋産業科学分野
准教授 ふじもり
藤 森
やすずみ
康 澄
第6回 7月19日(土) 海の風力エネルギーを活用しよう
北海道大学大学院水産科学研究院
海洋産業科学分野
教授 よしむら
芳 村
やすお
康 男
第7回 7月26日(土) 立ち上がる漁業地域
−新しい漁村づくり−

北海道大学大学院水産科学研究院
海洋産業科学分野
准教授 やました
山 下
なりはる
成 治


【過去の公開講座】

平成19年度平成18年度平成17年度平成16年度平成15年度平成14年度平成13年度平成12年度

お申し込みについてはこちら