【東日本大震災への本学の対応について】

今野 久仁彦

こんの くにひこ
今野 久仁彦
山形県出身
1952.2.28生
海洋応用生命科学部門 水産食品科学分野 特任教授
資源機能化学科
管理研究棟6階608
HP: http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~a20047/
MAIL: konno◎fish.hokudai.ac.jp ※「◎」を「@」に変更
TEL: 0138-40-5567
 
SUBJECT
魚肉タンパク質の種特性と加工適正,21世紀のタンパク資源としての魚肉の役割,ゼロエミッションと魚介類の高度利用,国際化の中の魚介類資源
キーワード
魚肉タンパク質,食料資源,食品加工,スルメイカ,国際基準
最近の卒業研究など
1. pHスタット法を用いた新しいATPase活性測定法の確立
2. 冷凍すり身品質の生化学的手法による国際的評価法の開発
3. スルメイカ筋肉タンパク質の自己消化とその抑制
4. スルメイカ筋肉の透明度維持技術の開発
5. 筋肉タンパク質ミオシンの加熱による分子内構造変化と魚種特性
6. 魚肉のゲル化による機能性脂質の組織化
7. イカ肝臓プロテアーゼの食品加工利用技術の開発
8. 中国産淡水魚筋肉タンパク質の構造特性と加工特性
学生さんへ一言
食糧としての魚介類を陸上動物の代替えではない,より優良なタンパク質,脂質その他有用資源を含む資源として認識できるのは,魚食文化のある日本を含めたアジアの人達です。21世紀は自国のみの資源管理,利用から国際協調の中で調整していく時代になるでしょう。日本はこれまでで培ってきた,水産研究を基礎としてアジアネットワークをリードしていく義務があります。その中心は北大水産でしょう。そんな地球の未来に視点を持っての研究,やってみませんか。自分探しの旅と目覚めを待っています。
HOME
pagetop

Copyright(C) 2002-2015 Hokkaido University, Faculty of Fisheries Sciences. All Rights Reserved.