【東日本大震災への本学の対応について】

李 大雄

り たいゆう
李 大雄
香港出身
1956.10.24生
海洋応用生命科学部門 育種生物学分野 助教
増殖生命科学科
管理研究棟4階410
HP: 
MAIL: thlee◎fish.hokudai.ac.jp ※「◎」を「@」に変更
TEL: 0138-40-5590
 
SUBJECT
エビ・カニ類の人工授精,性の分化と制御,人為突然変異
キーワード
エビ・カニ・育種・品種改良・人工授精・性分化・性の制御・人為突然変異
最近の卒業研究など
1. 造雄腺移植部位と雄性化に関する研究
2. 肥大化造雄腺の特性の解明
3. オニテナガエビにおける人為突然変異育種法の導入の試み
4. オニテナガエビの造雄腺の起源および機能
学生さんへ一言
育種・品種改良(生物改造といってもいいでしょう)は古今問わず動植物問わず食糧生産技術の中に重要な位置を占めています。近年,自然環境と生態系の保護の観点から高度閉鎖的陸上養殖の研究が盛んに行われています。それに応じた品種も必要になってきます。このように品種改良は食糧生産と環境保護の両立をサポートする重要な一面を持つ学問です。食糧生産活動と環境問題についてあなたはどう考えていますか?
HOME
pagetop

Copyright(C) 2002-2015 Hokkaido University, Faculty of Fisheries Sciences. All Rights Reserved.