【東日本大震災への本学の対応について】

足立 伸次

あだち しんじ
足立 伸次
愛知県出身
1956.9.28生
海洋応用生命科学部門 増殖生物学分野 教授
増殖生命科学科
マリンサイエンス創成研究棟3F オープンラボ6
HP: 海洋動物生殖学領域淡水増殖研究室
MAIL: s-adachi◎fish.hokudai.ac.jp ※「◎」を「@」に変更
TEL: 0138-40-5545
 
SUBJECT
水族繁殖学,細胞分子生物学,水族生殖生物学
キーワード
魚類の性分化および卵形成の分子機構,連鎖循環養殖,ウナギ,チョウザメ
最近の卒業研究など
1. ウナギにおける最終成熟誘起ステロイドの作用機構の解析
2. ウナギの試験管内卵成長誘導
3. 魚類の性決定に及ぼす飼育環境およびホルモンの影響
4. ウナギ組み換え生殖腺刺激ホルモンの特異抗体作製および微量測定系開発
5. アンドロゲン前処理ウナギの人為催熟および卵質解析
6. ウナギの新たな卵質評価分子マーカータンパクの検索
7. チョウザメ脳下垂体ホルモンおよび受容体のCDNAクローニング
8. チョウザメ精子の凍結保存および雌性発生技術の確立
9. チョウザメの生体外性分化誘導
10. チョウザメの早期成熟誘導技術開発
11. 魚類の生殖腔液分泌機構の解析
12. 環境操作による有用水産動物の成熟制御
13. 有用水産動物の閉鎖循環養殖技術の開発
14. 有用水産動物の検索および飼育繁殖技術の確立
学生さんへ一言
魚の飼育から遺伝子操作まで多種多様な技術が学べます。根性が身に付きます。
HOME
pagetop

Copyright(C) 2002-2015 Hokkaido University, Faculty of Fisheries Sciences. All Rights Reserved.