【東日本大震災への本学の対応について】

山下 成治

やました なりはる
山下 成治
東京都出身
1953.9.3生
海洋生物資源科学部門 海洋共生学分野 准教授
海洋資源科学科
管理研究棟4階421
HP: http://www.geocities.jp/misc893/
MAIL: seiji◎fish.hokudai.ac.jp ※「◎」を「@」に変更
TEL: 0138-40-8851
 
SUBJECT
漁村地域計画・漁業生産工学
キーワード
漁村地域・社会連携・振興計画・漁村政策・フードシステム・循環型社会形成
最近の卒業研究など
1. 北海道マリンビジョン推進計画の社会構造に基づく意識比較(地方漁村の振興計画)
2. 既存生産技術とデリバリーチェインの最適化(HSTARTプロジェクト)
3. マーケティング・ミックスに基づく地域固有資源の発掘と高度活用(ダテカゼプロジェクト)
4. 実践的食育教育における社会心理学的分析(都市―生産者交流事業)
5. ICTを用いた生産者―消費者連携効果の創出と評定(MVポータルサイトプロジェクト)
6. ICTによる漁業生産支援を目的とするメソスケール社会システムの構築(RASプロジェクト)
学生さんへ一言
☆人と海と漁業に関することなら、何でもテーマにできますよ!
☆「研究」は方法で,研究目的は社会への実現にあります。使える「包丁」は何でも利用します。
私の研究室では「現実へのアクション」に基づく課題発見から構造分析までを一貫して行っています。教わるだけの「勉強ゼミ」ではなく,漁師をはじめとした産官学民のメンバーとの協働プロジェクトなどをプロモートしながら,学生さん自らが主体者として積極的に対外活動を繰り広げています。研究室はメンバーの役割によって運営される「会社システム」となっており,外からの自己実現も目指します。やる気があれば大丈夫!やる気が無くても大丈夫!学ぶ楽しさ,考えたことを実現する満足感を一緒に体験していきましょう。
大学には「おもろて,ほんまやめられまへんわ」の世界が隠されているんです!
HOME
pagetop

Copyright(C) 2002-2015 Hokkaido University, Faculty of Fisheries Sciences. All Rights Reserved.