【東日本大震災への本学の対応について】

宮澤 晴彦

みやざわ はるひこ
宮澤 晴彦
東京都出身
1955.4.15生
海洋生物資源科学部門 海洋共生学分野 准教授
海洋資源科学科
管理研究棟4階408
HP:
MAIL: miyazawa◎fish.hokudai.ac.jp ※「◎」を「@」に変更
TEL: 0138-40-8834
 
SUBJECT
水産経営学,漁業構造論,漁業管理論
キーワード
漁業経営,漁業管理,産業構造,就業構造,市場,遊漁,都市漁村交流
最近の卒業研究など
※漁業・養殖業の経営問題,水産物の流通・消費・需給分析,水産政策問題,海洋レクリェーション問題,漁村活性化の方策等,経済・社会問題を広く扱っています。
1. ホタテガイ養殖漁家の今後の経営
2. 北海道におけるサケ・マス増殖事業の問題点について
3. アラスカの水産物と日本市場の関係
4. 道内産アキサケ低価格時代における小産地の現状と課題
5. スーパーマーケットにおける近年の水産物取扱戦略
6. 漁村出稼ぎ者の振動病罹患実態に関する調査研究
7. 胆振海区におけるサクラマス船釣りライセンス制の実態
8. 女性就業に関する市民意識と女性の就業条件に関する研究
学生さんへ一言
経営・経済学及び漁業経済関係の文献をよく読み,問題意識を自ら育んで下さい。卒業研究においては,データの処理・解析作業(PC利用)やフィールドワーク(資料収集,ヒアリング等)をいとわないこと。公務員試験対策のアドバイスもします。なお,当研究室を志望する学生は,海洋社会科学演習(3年次開講)を受講して下さい。
HOME
pagetop

Copyright(C) 2002-2015 Hokkaido University, Faculty of Fisheries Sciences. All Rights Reserved.