【東日本大震災への本学の対応について】

水産学部の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 水産学部は,本学が掲げる4つの基本理念(フロンティア精神,国際性の涵養,全人教育,実学の重視)の下,水圏生物資源の持続的生産と総合的な利用,および環境の保全を目指した体系的な水産科学教育により,人類社会の繁栄へ貢献することを理念としています。
 水産学部では,1)「海洋・環境・生物・資源」などの水産科学や関連する広範な学問分野の学修を通じて,人類の生存と繁栄に寄与しうる創造的人材の育成,2)水圏生物資源の持続的生産を可能にする地球規模での環境保全と生産の調和についての知識を有する意欲的・国際的人材の育成,3)水圏生物資源の総合的な利用を通じて社会への貢献を行いうる指導的人材の育成 を教育目標とし,海洋生物科学科,海洋資源科学科,増殖生命科学科,資源機能化学科の4学科を設置しています。
 水産学部は,この目標とする人材像に求められる具体的な能力を身につけ,卒業研究を含む各学科所定の単位を修得した者に学士の学位を授与します。

水産学部の学位授与水準

 水産学部は,学位授与の方針で掲げた教育目標に即し,次の項目に記す能力を持つと認められる者に対し,学士の学位を授与します。
  • 多様な教養科目の履修を通して,幅広い教養,高いコミュニケーション能力,人間や社会の多様性への理解,独創的かつ批判的に考える能力,社会的な責任と倫理観を身につけている。

  • 専門科目として,水産学部共通科目のほか,各学科の専門教育分野に関連した学科基盤型科目,学科深化型科目の体系的履修を通して,水産科学に関する幅広い知識と各学科の専門科目の内容を深く理解し,それらに関連する科学実験・実習の基礎的な知識と技術を身につけている。

  • 卒業研究や演習,論文講読を通して,着想力,探究心,論理的思考力,説得力,表現力,判断力,問題解決力,研究企画力などの総合的能力を身につけている。

HOME
pagetop

Copyright(C) 2002-2015 Hokkaido University, Faculty of Fisheries Sciences. All Rights Reserved.