【東日本大震災への本学の対応について】

大学院水産科学院の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 大学院水産科学院は,本学が掲げる4つの基本理念(フロンティア精神,国際性の涵養,全人教育,実学の重視)の下,海洋生物資源科学専攻と海洋応用生命科学専攻の2専攻を設置し,海洋,水産に関わる自然科学から社会科学までの広範な専門分野を包括する水産科学を基盤とした水圏生物資源の持続的な利用を見据え,地球規模での環境保全と生産の調和に関する基礎から応用に至る知識及び研究能力と国際的な視野と行動力を有する人材の養成を行うことを教育目標としています。
大学院水産科学院では,この目標とする人材像に求められる具体的な能力(学位授与水準)を博士前期課程(修士課程)と博士後期課程において定め,当該能力を身につけ,かつ所定の単位を修得し,学位論文の審査および試験に合格した者に修士または博士の学位を授与します。

大学院水産科学院の学位授与水準

 大学院水産科学院は,学位授与の方針で掲げた教育目標に即し,次の項目に記す能力を持つと認められる者に対し,修士または博士の学位を授与します。
■博士前期課程(修士課程)
  • 水産科学に関する幅広い知識と専門分野における深い理解
  • 水産科学を基盤として国際的に活躍できるコミュニケーション能力
  • 専攻分野における十分な研究能力
  • 高度の専門性を必要とする職業を担うための卓越した能力
■博士後期課程
  • 水圏生物資源の持続的な利用を図るうえで求められる水産科学全般にわたる幅広い知識とその応用力
  • 先端的分野の研究推進に必要な課題発見能力と優れた発想力
  • 研究者として自立して研究活動を行う能力
  • 研究者として国際的に活躍するうえで必要な高度な研究能力と行動力
HOME
pagetop

Copyright(C) 2002-2015 Hokkaido University, Faculty of Fisheries Sciences. All Rights Reserved.