【東日本大震災への本学の対応について】

海洋生物工学分野(講座)

海洋生物工学分野(講座)

 海洋動植物ならびに海洋微生物を対象に、分子生物学・酵素化学・細菌学・ウイルス学・ゲノム科学・細胞工学・発酵工学的な技術を駆使して、深海及び海洋微生物ハンティング、その生理・生態および相互作用解析、マリンエンザイム及びその他の機能タンパク質の構造機能相関解析、魚類病原ウイルス・細菌の感染機構解析など、に関する基礎研究を行っています。得られた成果は、新規遺伝子資源の利用、バイオエネルギー開発、魚病ワクチン開発などの生物工学(バイオテクノロジー)的応用研究に展開しています。また、海洋生物工学講座の大学院教育を担当し、海洋動植物及び海洋微生物を対象としたバイオテクノロジーに関する課題と増養殖生物の疾病予防と制圧に関する課題を教育します。


◆担当教員

■魚の細胞内で目的の場所へ荷物を輸送するモータータンパク質

■質量分析による甲殻類筋肉タンパク質の構造解析

HOME
pagetop

Copyright(C) 2002-2015 Hokkaido University, Faculty of Fisheries Sciences. All Rights Reserved.