【東日本大震災への本学の対応について】

水産工学分野(講座)

水産工学分野(講座)

 健全で持続的な漁業生産を維持し、海洋環境と生物資源を合理的に保全管理するために必要な、漁業資源管理のためのプラットホームとなる船舶・海洋構造物、漁業・海洋調査装置の研究開発と水産情報収集・解析システムや漁業技術に関する工学的研究を、海洋生物の行動を考慮に入れながら多面的かつ統合的に研究を行います。また漁業生産のための数学、物理学による基礎理論と応用工学を教育し,将来の持続的な漁業生産を維持する知識と技術をもった人材の育成を行います。


◆担当教員

■各種情報を用いた中深層性魚類の定量化

■複葉型オッターボードのCFD解析

HOME
pagetop

Copyright(C) 2002-2015 Hokkaido University, Faculty of Fisheries Sciences. All Rights Reserved.