【東日本大震災への本学の対応について】

資源生物学分野(講座)

資源生物学分野(講座)

 水産資源の保全と管理・持続的有効利用に関する専門的知識と能力を有する研究者および専門的職業人の育成と学術研究の推進を図るため、水産資源生物から海棲哺乳類、海鳥類を含む生態系構成種の生活史、生態、個体群の数量変動機構などに関する教育・研究を行っています。特に、資源生態、資源生産、資源解析の立場から、環境変化や漁業が生態系へ及ぼす影響の解明、沿岸性魚類の生活史と生物的・非生物的環境との関係、魚類・鯨類の個体数推定、数量変動予測とその管理方策、および水圏生物の進化・適応性に関する教育・研究をしています。


◆担当教員

■1年間、ジオロケーターで追跡したハシボソミズナギドリの行動軌跡

■乗船実習時に撮影した噴火湾豊浦沖のカマイルカ

HOME
pagetop

Copyright(C) 2002-2015 Hokkaido University, Faculty of Fisheries Sciences. All Rights Reserved.