【東日本大震災への本学の対応について】

北海道大学総合博物館分館 水産科学館

 水産科学館は北海道大学函館キャンパスに位置し,1958年に開館しました。
  水産科学館の目的は,(1)水産関係資料,特に北方関係の実物・標本・模型・文献類を収集し,(2)これらを,整理・分類の上保管し,(3)教育研究用の資料目録・解説書を刊行し,(4)国内外の研究者に当該データを提供するとともに,水産関係の知識を一般に普及することにあり,広く学生,市民に公開されています。
  水産科学館は,従来は水産学部の展示施設で,「水産資料館」の名称で親しまれてきましたが,2007年4月から総合博物館の分館に位置づけられ,それにともない名称を現在のものにあらためました。
【入館料】 無料
【開館日時】 平日 10:00~16:00
【休館日】 土曜日・日曜日・祝日・
年末年始(12月29日~1月4日)

【所在地】 〒041-8611 函館市港町3-1-1
北海道大学函館キャンパス (アクセス・位置図)
【連絡先】 TEL: 0138-40-5553
Mail: kagakukan@museum.hokudai.ac.jp
【担当教員】 河合 俊郎


ご案内とお知らせ

開館のお知らせ  

平成28年5月6日(金)より開館予定です。


北海道大学総合博物館(HUMZ)所蔵標本の観察・貸出・返却等の対応について   

北海道大学総合博物館(HUMZ)分館水産科学館は標本収蔵庫の新設に伴う標本等の仮移動のため、
所蔵する標本の観察・貸出・返却等の対応を中止致します。
対応再開については平成28年度を予定しています。
対応再開が決まり次第、水産科学館HPにてお知らせ致します。


平成28年度学生ボランティア活動員募集  

平成28年度学生ボランティア活動員を募集しています。
興味のある方は水産科学館まで。
0138-40-5553
kagakukan@museum.hokudai.ac.jp
(河合または金子)


臨時休館のお知らせ  

平成28年5月20日(金)は水産生物標本館竣工式のため臨時休館いたします。


HOME
pagetop

Copyright(C) 2002-2015 Hokkaido University, Faculty of Fisheries Sciences. All Rights Reserved.