北海道大学 大学院水産科学研究院 大学院水産科学院 水産学部

英語サイトへ 北海道大学
准教授
山村 織生
やまむら おりお
  • 海洋生物資源科学部門
  • 海洋生物科学科
  • 資源生物学講座
  • 資源生態学領域
オフィス
第2研究棟 E110
メール
yamamura◎fish.hokudai.ac.jp
※「◎」を「@」に変更
電話
0138-40-8861
研究課題
(1) 捕食-被食関係が水産資源動態に及ぼす影響
(2) 海亜寒帯陸棚(親潮,日本海)および外洋域の生物群集構造と環境収容力
(3) 北海道沿岸における鰭脚類(トド,あざらし類)の生態
代表的な業績
Goto, Y., A. Wada, N. Hoshino, T. Takashima, M. Mitsuhashi, K. Hattori, and O. Yamamura. 2017. Diets of Steller sea lions off the coast of Hokkaido, Japan: An inter‐decadal and geographic comparison. Marine Ecology 38:e12477.

海洋生態学(日本海洋学会編、共著)共立出版社 (2016).

Yamamura, O., T. Funamoto, M. Chimura, S. Honda, and T. Oshima (2013) Interannual variation in diets of walleye pollock in the Doto area, in relation to climate variation. Mar Ecol Prog Ser, 491: 221-234.

Sakai, O., O. Yamamura, T. Azumaya, and Y. Sakurai (2012) Temporal variation in chum salmon, Oncorhynchus keta, diets in the central Bering Sea in summer and early autumn. Env Biol Fish, 93: 319-331.

Yamamura, O. (2004) Trophodynamic modeling of walleye pollock in the Doto area, northern Japan: model description and baseline simulations. Fish Oceanogr, 13

Yamamura, O., S. Honda, O. Shida, and T. Hamatsu, (2002) Diets of walleye pollock Theragra chalcogramma in the Doto area, northern Japan: ontogenetic and seasonal variations. Mar Ecol Prog Ser, 238: 187-198. (Suppl. 1): 138-154.
担当授業
学部
海洋生態学(分担)
海洋生物科学実験Ⅱ(分担)
基礎生態学(分担)

全学教育科目
サケ学入門(分担)
海のふしぎ(分担)

大学院
海洋生物科学特論Ⅰ
海洋生物科学特論Ⅱ
略歴
1989年 北海道大学水産学部 卒業
1994年 北海道大学大学院水産学研究科博士後期課程 修了 博士
1994年 水産庁北海道区水産研究所 研究員
1999年~2000年 米国海洋気象局アラスカ水産科学センター客員研究員
2002年 独)水産総合研究センター北海道区水産研究所 高次生産グループ長
2007年 東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科客員准教授
2016年 北海道大学水産科学研究院海洋生物資源科学部門 准教授
社会貢献
北海道アザラシ保護管理検討会 構成員
日露隣接地域生態系保全プログラム推進委員会 委員
知床世界自然遺産地域科学委員会海域ワーキンググループ 特別委員
有害生物漁業被害防止総合対策事業(トド・オットセイ) 検討委員
水産海洋学会 学会誌編集委員
教員からのメッセージ
海洋生態系で比較的上位の栄養段階に位置する生物の種間関係と、その背景となる群集の構造が主な研究対象です。本学練習船や外部機関の調査船に乗る研究が多いのですが、それ以外のテーマもあるので船に弱い方も安心してください。多量の試資料を扱うことになるので統計の勉強をしっかりやっておくと便利です。皆さんも広い海原に出て、多様な生物に触れてみませんか?
北海道大学研究者総覧システムへ
YAMAMURA Orio
  • Associate Professor of Marine Bioresource Science
  • Division of Marine Bioresource and Environmental Science
  • Department of Marine Bioresource Science
Office location
E110 Annex Building
Email
yamamura[at]fish.hokudai.ac.jp
※ change [at] to @
Phone
+81-138-40-8861
Representative publications
Goto, Y., A. Wada, N. Hoshino, T. Takashima, M. Mitsuhashi, K. Hattori, and O. Yamamura. 2017. Diets of Steller sea lions off the coast of Hokkaido, Japan: An inter‐decadal and geographic comparison. Marine Ecology 38:e12477.

海洋生態学(日本海洋学会編、共著)共立出版社 (2016).

Yamamura, O., T. Funamoto, M. Chimura, S. Honda, and T. Oshima (2013) Interannual variation in diets of walleye pollock in the Doto area, in relation to climate variation. Mar Ecol Prog Ser, 491: 221-234.

Sakai, O., O. Yamamura, T. Azumaya, and Y. Sakurai (2012) Temporal variation in chum salmon, Oncorhynchus keta, diets in the central Bering Sea in summer and early autumn. Env Biol Fish, 93: 319-331.

Yamamura, O. (2004) Trophodynamic modeling of walleye pollock in the Doto area, northern Japan: model description and baseline simulations. Fish Oceanogr, 13

Yamamura, O., S. Honda, O. Shida, and T. Hamatsu, (2002) Diets of walleye pollock Theragra chalcogramma in the Doto area, northern Japan: ontogenetic and seasonal variations. Mar Ecol Prog Ser, 238: 187-198. (Suppl. 1): 138-154.
HU Researcher Database