北海道大学 大学院水産科学研究院 大学院水産科学院 水産学部

英語サイトへ 北海道大学
助教
宇治 利樹
うじ としき
  • 海洋応用生命科学部門
  • 増殖生命科学科
  • 育種生物学講座
オフィス
管理研究棟4階403
メール
t-uji◎fish.hokudai.ac.jp
※「◎」を「@」に変更
電話
0138-40-8864
研究課題
海藻の生活環制御機構の解明と育種基盤技術の開発
代表的な業績
Uji T, Hirata R, Fukuda S, Mizuta H, Saga N. A codon-optimized bacterial antibiotic gene used as selection marker for stable nuclear transformation in the marine red alga Pyropia yezoensis. Mar. Biotechnol., 16: 251-255. (2014)
Hirata R, Uji T, Fukuda S, Mizuta H, Fujiyama A, Tabata S, Saga N. Development of a nuclear transformation system with a codon-optimized selection marker and reporter genes in Pyropia yezoensis (Rhodophyta). J. Appl. Phycol., 26:1863–1868. (2014)
Uji T, Nanaumi D., Kawagoe C., Saga N., Miyashita K. Factors influencing the induction of adventitious bud and callus in the brown alga Sargassum horneri (Turner) C. Agardh. J Appl Phycol 28, 2435–2443 (2015)
Uji T, Matsuda R, Takechi K, Takano H, Mizuta H and Takio S. Ethylene regulation of sexual reproduction in the marine red alga Pyropia yezoensis (Rhodophyta). J Appl Phycol 28: 3501.
    (2016) 
Godfroy O, Uji T, Nagasato C, Lipinska AP, Scornet D, Peters AF, Avia K , Colin S, Mignerot L, Motomura T, Cock JM, Coelho SM. DISTAG/TBCCd1 is required for basal cell fate determination in Ectocarpus. Plant Cell. 29:3102-3122. (2017)
担当授業
担当授業
学部
発生組織学(分担)
水産資源各論(分担)
地域資源科学(分担)
水族遺伝育種学(分担)

大学院
育種生物学特論Ⅰ
育種生物学特論Ⅱ
略歴
2006年3月 北海道大学水産学部海洋生物生産科学科卒業
2006年4月 北海道大学大学院水産科学院海洋応用生命科学専攻博士前期課程入学
2008年3月 北海道大学大学院水産科学院海洋応用生命科学専攻博士前期課程修了
2008年4月 北海道大学大学院水産科学院海洋応用生命科学専攻博士後期課程入学
2012年3月 北海道大学大学院水産科学院海洋応用生命科学専攻博士後期課程修了
2012年4月 北海道大学大学院水産科学研究院 博士研究員
2012年6月 フランス国立科学センター・ロスコフ生物学研究所・博士研究員
(上原記念生命科学財団海外留学助成ポストドクトラルフェローシップ)
2013年6月 北海道大学大学院水産科学研究院「東北マリンサイエンス拠点形成事業」
学術研究員
2013年8月 北海道大学大学院水産科学研究院「東北マリンサイエンス拠点形成事業」
特任助教
2015年4月 熊本大学沿岸域環境科学教育研究センター 日本学術振興会特別研究員-PD
2015年10月 北海道大学大学院水産科学研究院海洋応用生命科学専攻・育種生物学分野 助教
受賞
平成22年度マリンバイオテクノロジー学会論文賞
教員からのメッセージ
海藻の研究分野は,萌芽的な研究が多く,実験系や培養系の確立から始めないといけないため,成果が得られるまで時間がかかります。しかしその分,国際的にインパクトのある成果が出ることも多い分野です。独創的かつ世界的な研究をしてみたい方は,ぜひ一緒に研究しましょう。
北海道大学研究者総覧システムへ
UJI Toshiki
  • Assistant Professor of Aquaculture Genetics and Genomics
  • Division of Marine Life Science
  • Department of Aquaculture Life Science
Office location
403 Main Building
Email
t-uji[at]fish.hokudai.ac.jp
※ change [at] to @
Phone
+81-138-40-8864
Research Areas
Study on the molecular mechanisms of asexual and sexual reproduction in macroalgae
Representative publications
Uji T, Hirata R, Fukuda S, Mizuta H, Saga N. A codon-optimized bacterial antibiotic gene used as selection marker for stable nuclear transformation in the marine red alga Pyropia yezoensis. Mar. Biotechnol., 16: 251-255. (2014)
Hirata R, Uji T, Fukuda S, Mizuta H, Fujiyama A, Tabata S, Saga N. Development of a nuclear transformation system with a codon-optimized selection marker and reporter genes in Pyropia yezoensis (Rhodophyta). J. Appl. Phycol., 26:1863–1868. (2014)
Uji T, Nanaumi D., Kawagoe C., Saga N., Miyashita K. Factors influencing the induction of adventitious bud and callus in the brown alga Sargassum horneri (Turner) C. Agardh. J Appl Phycol 28, 2435–2443 (2015)
Uji T, Matsuda R, Takechi K, Takano H, Mizuta H and Takio S. Ethylene regulation of sexual reproduction in the marine red alga Pyropia yezoensis (Rhodophyta). J Appl Phycol 28: 3501.
    (2016) 
Godfroy O, Uji T, Nagasato C, Lipinska AP, Scornet D, Peters AF, Avia K , Colin S, Mignerot L, Motomura T, Cock JM, Coelho SM. DISTAG/TBCCd1 is required for basal cell fate determination in Ectocarpus. Plant Cell. 29:3102-3122. (2017)
HU Researcher Database