HOKKAIDO UNIVERSITY FISHERIES SCIENCES

Japanese HOKKAIDO UNIVERSITY
准教授
米山 和良
こめやま かずよし
  • 海洋生物資源科学部門
  • 海洋資源科学科
オフィス
管理研究棟203
メール
komeyama◎fish.hokudai.ac.jp
※「◎」を「@」に変更
電話
0138-40-8520
研究課題
(1) 漁業・養殖業の生産効率化を目的とした、漁具・養殖施設内の対象魚のモニタリング技術、および、その応用に関する研究
(2) 画像計測・画像処理を応用した魚群の行動計測
(3) 魚体長・魚体重計測に関する研究
代表的な業績
●	Tatsuya Tanaka, Ryunosuke Ikeda, Yuta Yuta, Kanji Tsurukawa, Satoshi Nakamura, Takeharu Yamaguchi and Kazuyoshi Komeyama, Annual monitoring of the growth of Red sea bream using multi-stereo image measurement.  Fisheries Science (in press)
●	坂本 誠, 米山和良, 田丸 修, 鳥澤眞介, 髙木 力, ステレオビジョンによるマサバの3次元遊泳行動計測:パーティクルフィルタを用いた自動計測  日本水産学会誌, 84, pp. 787-795. (2018).
●	K. Komeyama, T. Tanaka, T. Yamaguchi, S. Asaumi, S. Torisawa, T. Takagi, Body measurement of reared Red sea bream using stereo vision. Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 30, pp. 231-237 (2018).
●	K. Komeyama, M. Kadota, S. Torisawa, T. Takagi, Three-dimensional trajectories of cultivated Pacific bluefin tuna (Thunnus orientalis) in an aquaculture net cage, Aquaculture Environment Interactions, Vol.4, pp.81-90 (2013).
●	K. Komeyama, M. Kadota, S. Torisawa, K. Suzuki, Y. Tsuda, T. Takagi, Measuring the swimming behaviour of a cultivated pacific bluefin tuna in a submerged aquaculture net cage, Aquatic Living Resources, Vol.24, pp.99-105 (2011).
担当授業
学部
行動計測工学
水産科学英語Ⅱ(分担)
海洋資源科学実験Ⅲ(分担)
潜水調査実習(分担)

大学院
水産工学特論Ⅱ(分担)
水産科学汎論Ⅱ(分担)
略歴
2004年 近畿大学農学部 卒業
2006年 北海道大学大学院水産科学研究科 博士前期課程 修了
2009年 北海道大学大学院水産科学院 博士後期課程 修了
2009年 近畿大学大学院農学研究科 グローバルCOE博士研究員
2009年 鹿児島大学水産学部 助教
2016年 北海道大学大学院水産科学研究院 助教
2019年 北海道大学大学院水産科学研究院 准教授
受賞
2010年	ポスター賞 国際シンポジウム「How minimizing the footprint of the aquaculture and fisheries on the ecosystem?」
2015年	水産工学奨励賞(日本水産工学会)
社会貢献
日本水産工学会・幹事
日本水産工学会・評議員
日本水産学会・漁業懇話会委員
教員からのメッセージ
漁具や養殖施設に対する魚の行動を明らかにすることで、漁具・養殖施設の設計に役立てたいと考えています。そのためにフィールドに出てバイオロギングや画像計測で対象とする魚の行動を計測して、魚の普遍的な行動を知ることを日々試みています。養魚の魚体長・魚体重推定や異常行動の検出等の養魚管理に必要なモニタリング技術の研究も行っています。機械学習を用いた画像認識技術を応用して、魚の画像認識や行動追跡にもチャレンジしています。
北海道大学研究者総覧システムへ
KOMEYAMA Kazuyoshi
  • Associate Professor of Marine Bioresource Science
  • Division of Marine Bioresource and Environmental Science
Office location
203 Main Building
Email
komeyama[at]fish.hokudai.ac.jp
※ change [at] to @
Phone
+81-138-40-8520
Research Areas
Fish behavior and behavioral measurement for developing fishing gear and aquaculture facilities
Behavioral measurement for fisheries species
Fish body measurement and body mass estimation using an image processing technique.
Representative publications
●	Tatsuya Tanaka, Ryunosuke Ikeda, Yuta Yuta, Kanji Tsurukawa, Satoshi Nakamura, Takeharu Yamaguchi and Kazuyoshi Komeyama, Annual monitoring of the growth of Red sea bream using multi-stereo image measurement.  Fisheries Science (in press)
●	M. Sakamoto, K. Komeyama, O. Tamaru, S. Torisawa, T. Takagi, Particle filter for automated measurement of chub mackerel trajectory using stereo vision Nippon Suisan Gakkaishi, 84, pp. 787-795. (2018).
●	K. Komeyama, T. Tanaka, T. Yamaguchi, S. Asaumi, S. Torisawa, T. Takagi, Body measurement of reared Red sea bream using stereo vision. Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 30, pp. 231-237 (2018).
●	K. Komeyama, M. Kadota, S. Torisawa, T. Takagi, Three-dimensional trajectories of cultivated Pacific bluefin tuna (Thunnus orientalis) in an aquaculture net cage, Aquaculture Environment Interactions, Vol.4, pp.81-90 (2013).
●	K. Komeyama, M. Kadota, S. Torisawa, K. Suzuki, Y. Tsuda, T. Takagi, Measuring the swimming behaviour of a cultivated pacific bluefin tuna in a submerged aquaculture net cage, Aquatic Living Resources, Vol.24, pp.99-105 (2011).
						
Qualifications
Doctor of Fisheries Sciences (Hokkaido University)
Master of Fisheries Sciences (Hokkaido University)
Bachelor of Agriculture (Kinki University)

Career	
2009 Graduate School of Agriculture, Kinki University  Post doctoral fellow
2009 Faculty of Fisheries, Kagoshima University  Assistant Professor 
2016 Faculty of Fisheries Sciences, Hokkaido University  Assistant Professor 
2019 Faculty of Fisheries Sciences, Hokkaido University  Associate Professor 

Prizes
2010 Best Poster in International Symposium “How minimizing the footprint of the aquaculture and fisheries on the ecosystem?”
2015 Encouragement award in Fisheries Engineering.		
HU Researcher Database