北海道大学 大学院水産科学研究院 大学院水産科学院 水産学部

英語サイトへ 北海道大学
准教授
笠井 久会
かさい ひさえ
  • 海洋応用生命科学部門
  • 増殖生命科学科
  • 海洋生物工学講座
オフィス
マリンサイエンス創成研究棟
オープンラボ3
メール
hisae◎fish.hokudai.ac.jp
※「◎」を「@」に変更
電話
0138-40-8898
研究課題
(1) 魚類腫瘍ウイルスによる腫瘍発現機構の解明
(2) サケ科魚ヘルペスウイルスの潜伏感染機構の解明
(3) 魚類の卵膜軟化症の原因究明と対策
(4) 魚類における垂直感染機構の解明ならびに防除対策
(5) 漁獲物の衛生管理に関する研究
代表的な業績
笠井久会・石川麻美・堀 友花・渡辺研一・吉水 守 (2000) 流水式海水電解装置の魚類病原細菌およびウイルスに対する殺菌効果. 日本水産学会誌, 66(6): 1020-1025.

Kasai, H., M. Yoshimizu and Y. Ezura (2002) Disinfection of water for aquaculture. Fisheries Science, 68: 821-824.

Kasai, H., Y. Muto, and M. Yoshimizu (2005) Virucidal effects of Ultraviolet, heat treatment and disinfectants against koi herpesvirus (KHV). Fish Pathology, 40(3): 137-138.

Kasai, H., S. Iwawaki and M. Yoshimizu (2009) Surveillance of salmonid viruses especially targeting infectious salmon anemia virus in Japan. Fish Pathology, 44(4): 182-184.

Kasai, H*., K. Kawana, M. Labaiden, K. Namba, and M. Yoshimizu (2011) Elimination of Escherichia coli from oysters using electrolyzed seawater. Aquaculture, 319(3-4): 315-318.

Kohara, M., H. Kasai and M. Yoshimizu (2012) Intra-ovum infection in salmonid eggs artificially contaminated with fish pathogenic bacteria: Flavobacterium psychrophilum, Renibacterium salmoninarum and Aeromonas salmonicida. Fish Pathology, 47: 49-55. 

Kohara, M., H. Kasai and M. Yoshimizu (2013) Low possibility of Intra-ovum infection with Flavobacterium psychrophilum or Renibacterium salmoninarum in the Salmonid coelomic cavity. Fish Pathology, 48: 97-100.

Ikemoto, K., M. Yoshimizu, M. Furihata, M. Kohara and H. Kasai (2016) Pathogenicity of a rainbow trout isolate (RtNa-0010) of Oncorhynchus masou virus (Salmonid herpesvirus 2) in salmonid and cyprinid fish. Fish Pathology, 51: 60-63.
担当授業
学部
魚病学
微生物学実験(分担)

大学院
海洋生物工学特論Ⅰ
海洋生物工学特論Ⅱ
略歴
2000年 北海道大学水産学部 卒業
2002年 日本学術振興会特別研究員 (DC1)
2005年 北海道大学大学院水産科学研究科 博士課程修了
2005年 北海道大学大学院水産科学研究院 学術研究員
2006年 北海道大学大学院水産科学研究院 助手
2007年 北海道大学大学院水産科学研究院 助教に配置換え
2011年 北海道大学大学院水産科学研究院 准教授
受賞
平成28年	平成27年度日本水産学会水産学奨励賞
平成29年	平成28年度北海道科学技術奨励賞
社会貢献
Director, OIE reference laboratory for Oncorhynchus masou virus disease
日本学術会議連携委員
厚生労働省薬事・食品衛生審議会専門委員
北海道栽培漁業推進協議会委員
北海道大規模小売店舗立地審議会特別委員
日本魚病学会評議員
教員からのメッセージ
魚介類の種苗生産において,飼育用水,餌料,飼育施設等の管理には十分な注意が払われていますが,その対象魚介類の多くの種で,原生動物,真菌,細菌,ウイルス等による病気が発生します。病気の発生は種苗の生産に深刻な打撃を与え,その後の放流および養殖成績を大きく左右します。加えて,近年食品としての水産物の安全性確保が重要な課題となっています。研究室では,これら課題を解決するための微生物学的研究を行っています。
北海道大学研究者総覧システムへ
KASAI Hisae
  • Associate Professor of Marine Biotechnology and Microbiology
  • Division of Marine Life Science
  • Department of Aquaculture Life Science
Office location
Open lab.3,
Marine Science Creative Research Building
Email
hisae[at]fish.hokudai.ac.jp
※ change [at] to @
Phone
+81-138-40-8898
Research Areas
Mechanism of tumorigenesis in fish associated with fish herpesviruses
Mechanism of latent infection in fish associated with Oncorhynchus masou virus
Disease developing mechanism and control of soft-egg disease in chum salmon eggs
Prevention of vertical transmission of fish pathogens 
Sea food hygiene control in fishing port
Representative publications
Kasai, H., M. Yoshimizu and Y. Ezura (2002) Disinfection of water for aquaculture. Fisheries Science, 68: 821-824.

Kasai, H., Y. Muto, and M. Yoshimizu (2005) Virucidal effects of Ultraviolet, heat treatment and disinfectants against koi herpesvirus (KHV). Fish Pathology, 40(3): 137-138.

Kasai, H., S. Iwawaki and M. Yoshimizu (2009) Surveillance of salmonid viruses especially targeting infectious salmon anemia virus in Japan. Fish Pathology, 44(4): 182-184.

Kasai, H*., K. Kawana, M. Labaiden, K. Namba, and M. Yoshimizu (2011) Elimination of Escherichia coli from oysters using electrolyzed seawater. Aquaculture, 319(3-4): 315-318.

Kohara, M., H. Kasai and M. Yoshimizu (2012) Intra-ovum infection in salmonid eggs artificially contaminated with fish pathogenic bacteria: Flavobacterium psychrophilum, Renibacterium salmoninarum and Aeromonas salmonicida. Fish Pathology, 47: 49-55. 

Kohara, M., H. Kasai and M. Yoshimizu (2013) Low possibility of Intra-ovum infection with Flavobacterium psychrophilum or Renibacterium salmoninarum in the Salmonid coelomic cavity. Fish Pathology, 48: 97-100.

Ikemoto, K., M. Yoshimizu, M. Furihata, M. Kohara and H. Kasai (2016) Pathogenicity of a rainbow trout isolate (RtNa-0010) of Oncorhynchus masou virus (Salmonid herpesvirus 2) in salmonid and cyprinid fish. Fish Pathology, 51: 60-63.
HU Researcher Database