水産学・北海道で育まれた源流

 

大学院水産科学研究院長 安井 肇
大学院水産科学研究院長 安井 肇

 北海道大学は、明治9年(1876)の札幌農学校設立以来、「フロンティア精神」、「国際性の涵養」、「全人教育」、「実学の重視」の基本理念を培い、古い因習から開放された自由闊達な環境と北の大地での厳しい自然の中で、独立心、進取の気風、独創性を育てる道内唯一の基幹総合大学として発展してきました。明治13年(1880)、札幌農学校開設後まもない頃、外国人雇教師の医学博士ジョン・C・カッターが水産動物に関する講義を行ったのが、わが国における水産学教育の始まりと言われております。

水産学の源流は札幌農学校第一期生、後に千歳のサケマス孵化場を開いた伊藤一隆、コンブ類に造詣が深かった二期生の宮部金吾、「漁業も亦学問の一つ也」の卒業演説を行った同じ二期生の内村鑑三にさかのぼることができます。このような背景から明治40年(1907)、札幌農学校(現北海道大学)に本学部の前身となる水産学科が正式に誕生しました。

本学部は平成19年5月に創基100周年の式典を祝い、新たな100年へ踏み出しました。これを記念し学部の玄関前にクラーク博士が開校の祝辞で述べた「高邁なる野心」を記念碑に刻みました。今日に至るまでに、14,700人の優れた人材を輩出し、卒業した同窓生は社会の広範な分野で活躍しています。

水産学部の歩み・水産科学系の大学と大学院

 本学部の歴史は、札幌農学校に始まり、幾多の変遷を経てきました。北海道大学12学部のうち、唯一札幌以外の都市、函館へ昭和10年にキャンパスを構えました。平成12年(2000)に教員の所属が大学院に移ったことから水産科学系では唯一の研究主導型の大学院大学となりました。平成16年(2004)の国立大学法人化後、北海道大学の学部を持つ部局の中で先陣を切って学院・研究院構想を平成17年(2005)4月から実現し、現在の大学院水産科学研究院(研究組織)、大学院水産科学院(大学院教育組織)および水産学部(学部教育組織)として教育研究体制を整備・充実するに至りました。さらに平成18年(2006)4月からは水産学部を改組し、新たな4学科に移行しております。

このように、国際化の進む中、時代が求める教育・研究ニーズに対応できるように水産学科、水産学部、水産科学研究科、水産科学研究院と学科の改組、大学院の改革を積極的に推進してまいりました。

また、北海道大学水産学部附属練習船おしょろ丸は、1909年に初代の忍路丸が生まれてから1927年におしょろ丸Ⅱ世、1961年おしょろⅢ世、1983年おしょろ丸Ⅳ世と建造され、105年間、その時代の学生や研究者の海のキャンパスとして北大らしい人材養成、幾多の海洋データ収集、貴重な研究成果を成し遂げ、大いに活躍しました。そして、2014年7月には、新しい練習船おしょろ丸Ⅴ世が竣工します。この練習船は、約1600トンで主機関に電気推進装置や先進のフィンスタビライザーを有し、複数の先端研究用途に対応したコンテナラボを組合せることが可能であり、深海探査機能は更に向上しています。正に次世代の教育研究要請に向けた仕様になっており、これから北太平洋をはじめ世界の海域で活躍することが期待され、社会的・学術的貢献を着実に行っていきます。

教育研究拠点の形成・充実と社会貢献

 水産科学研究院では、長い歴史の継承で培われた研究教育の成果として、[北極域研究推進プロジェクト(ArCS)「環境変動と人為的インパクトに対する北極海生態系の反応メカニズムの解明」]において、北極海生態系の生物多様性と環境変動への応答研究を推進しています。また、多くの国々の諸教育研究機関と部局間交流協定を結び、毎年、多くの留学生を受け入れるとともに、学生の海外留学を支援しております。

これからも一層教育研究に力を注ぎ、高度化、先端化した科学技術を修得して国際的に貢献できる人材の養成をすることで社会的、学術的責任を果たします。

また、函館圏では地域イノベーションクラスター事業(函館マリンバイオクラスター)の推進等地域の産学官民連携による人材育成・産業界の活性化の試みが行われています。特に函館市は、地域再生計画の「函館国際水産・海洋都市構想の推進一水産・海洋に関する学術・研究拠点都市の形成一」をかかげ全国的に注目されている学術・研究拠点都市です。

この学術・研究の集積によって、大学が地域社会と融合して優れた知的教育環境を作り上げていくことは、学術の普及・課題解決型人材の育成と同時に市民社会と大学及び産学官の連携が関連産業の結集を誘発し、新しい産業の創出へつながることが期待され、その社会的な意義・波及効果は計り知れないものがあります。

海の宝と新たな価値へ、未来を創る水産科学

 水産学は、100年間、水圏における生物生産、食料供給の学問として主に貢献してきました。今後も世界的な人口増加と食糧難の方向にあることからたいへん重要です。そして、現在、地球を取り巻く様々な環境変動、生物多様性の減少、自然資源の枯渇、人の対立が際立っています。これらに大規模災害やパンデミック、人口高齢化などの諸問題が相まって人類共通の複合的課題が迫ります。水産科学はこういう状況とどう向き合い、課題解決し地球環境や人類に貢献していくのか。有限の地球、生長の限界という重い認識のなかで、水産科学は地球環境や資源に持続可能であるという視点を取り入れた「持続可能性 水産科学」が歩みを始めました。

これに加え、次の世代に向けた水産科学は、これから100年間、人々に食、環境、ライフスタイルなどでどのような夢を見せることができるか、それを最大限実現する科学という視点も必要であると思います。学生や院生諸君が50年後、100年後の世界をバックキャスティングした発想で、社会を伸びやかに楽しくする教育研究成果が出ることが社会の発展・進化には重要です。海の宝を探索し価値を生み出す水産科学、これまで見たこともない優れた食が現実に開発されること、壊された水圏環境をより豊かな形で修復する画期的技術、世界の人々が健康で美しいままで人生を送ることのできる革新的海洋産業はそこから生まれます。

138年前の札幌農学校開校から続く「高邁なる野心」を抱いて学生、教員、卒業生などと協働して「持続可能性 水産科学」・「未来を創る水産科学」を推進してまいります。