海洋資源科学科

生物、物理、社会科学を基礎とし、海洋生物資源の総合的・持続的利用を目指し、生物資源と海洋環境の調査・計測、情報解析ならびに生産システムの構築に関する総合的教育と研究を行います。また、これらの知識と技術を基盤として、国際協力、産業振興、資源保護の立場から、国内外における水産資源の管理、生産、利用にわたる広範囲な総合的課題に取り組むことのできる人材を育成します。

海洋資源科学科のホームページへ

担当教員

研究紹介

全海洋をリアルタイム計測!

衛星通信技術を利用した海洋観測データの収集
衛星通信技術を利用した海洋観測データの収集

水産生物の住処となる海洋を、地球全体規模でのリアルタイム観測をめざした前例のない大規模な計画が進行中です。この計画は『アルゴ計画』と呼ばれるもので、2000年に始まった国際プロジェクトです。この計画には、水深2000mから海面までの間の水温・塩分値を約10日毎に観測するアルゴフロートを用い、衛星を通じて集められたデータは誰もが無償で利用できます。このフロートを世界中に約3000本投入し、約300km平均間隔で海洋の構造を観測します。
日本では海洋研究開発機構が中心となりフロートの投入・データ管理などを行っていますが、北海道大学水産学部でも練習船の航海を利用してフロートの投入や検証データの取得に貢献し、観測されたデータを基に、卒業研究や大学院の研究活動に利用しています。

風力エネルギーの活用

次世代型帆装船の模型実験
次世代型帆装船の模型実験

地球温暖化が地球規模の問題となっています。自然環境を保全しつつ調和のとれた経済社会の持続的発展が世界的に求められています。船は昔、風力エネルギーで活躍していました。今日でも、これを活かさない手はありません。漁業や海の資源調査に必要なたくさんの船に新しい形式の帆を取り付けて、風力エネルギーを船の推進力に使い、また帆を上手く機械で駆動すると、揺れの少ない船にすることができます。海洋資源科学科では、地球や人にやさしい未来の漁船や調査船の研究なども精力的に進めています。

宇宙から魚群を追う

人工衛星による海洋・生物環境のモニタリング
人工衛星による海洋・生物環境のモニタリング

人類最初の宇宙飛行士ガガーリンは、宇宙から地球をはじめて見て、「地球は青かった」といったことを知っていますか?地球は、その表面の7割が海におおわれているので、「青い惑星」とも呼ばれています。この広大な海でどんなことが起きているかを知るには、船で調べるだけでなく、宇宙から人工衛星を使って調べることがとても役立ちます。人工衛星は地球を100分間ぐらいで一周するので、あっという間に地球全体を調べることができます。この宇宙からの目を利用して、海面水温、植物プランクトン濃度、海面の高さなどを時々刻々観測して、魚の好む環境を探します。そうすることで、魚群がいるより確率の高い水域を追いかけることができるのです。