水産学部について

水産学部に入学した学生は、一般科目を、最初の1年間札幌キャンパスで学びます。1年後期が終了したときに、学生の希望と札幌キャンパスにおける成績を加味して、4つの学科、海洋生物科学科、海洋資源科学科、増殖生命科学科、資源機能化学科のいずれかに配属されます。2年目は札幌キャンパスで基礎的な専門科目を学びます。3年目の春には、札幌キャンパスから函館キャンパスに移行して、より専門的な科目や実験・演習を学びます。それぞれの学科で、所定の単位を修得した学生は、学士(水産学)の称号を得ることができます。授業の単位は、講義は15時間で1単位、演習は30時間で1単位、実験及び実習は45時間で1単位を得ることができます。

学科と分野・講座

水産学部は以下の学科、関連する分野で構成されています。

学科 関係する分野・講座
海洋生物科学科
海洋資源科学科
増殖生命科学科
資源機能化学科

北方生物圏フィールド科学センター