大水産学部の目指すところは,生命の故郷である海をよく知り,海と共に生き,人類共通の財産である海の恵みを永続的に利用する仕組みを創り上げて,人類の福祉に貢献することにあります。

「生物分析化学研究室」は水圏生物を人の健康や疾病の治療に役立つ有用な資源として有効に利用するために,「何が,どこに,どれだけあるか(分析化学),そしてそれが何のためにそこにあるか(生物学)」を追求する研究分野が必要であるとの考えから2001年に旧魚油化学講座を母体として創られました。

2007年「ぶんせき」で紹介されました。

求める人物像

物分析化学研究室は,プロフェショナルでありたい人たちの集まりです.何が,どこに,どれだけあるかをきちんと計ってみたい人,そして,それが何のためにそこにあるかを究めたい人,そのために新しい方法を開発してみたい人,そして何よりもサイエンスにロマンを求めたい人を歓迎します.

キーワード: 前へ(逃げるな!)

−>もっと見る

連絡先

〒041-8611 函館市港町 3-1-1 北海道大学大学院水産科学研究院
—————————
板橋  豊
Tel & Fax: 0138-40-8802
e-mail: yutaka◎fish.hokudai.ac.jp
—————————
安藤 靖浩
Tel & Fax: 0138-40-8803
e-mail: ando◎fish.hokudai.ac.jp
—————————
Eメール送信の際は◎を@に変えてください。