生物資源化学分野(講座)

海洋生物中には様々な有用物質が含まれています。海洋生物を構成する生体分子の特性を化学的な観点から解明することにより、海洋生物資源の有効活用を図ることを目的としています。生体分子としてはタンパク質、脂溶性成分、低分子成分を主な対象とし、新たな分析法、分離・精製技術、成分特性、構造解析、機能解析、安定化技術などについての研究を行います。これらの研究をもとに、生物分析化学、生物機能分子化学ならびに機能性物質化学に関する高度な専門教育を行い、海洋生物の有効活用に関する分野において世界的に活躍しうる高度専門職業人・研究者を養成します。

 

担当教員

※五十音順

培養細胞を用いた生活習慣病予防物質の探索
培養細胞を用いた生活習慣病予防物質の探索
高性能液体クロマトグラフによる海洋生物の機能成分の精製
高性能液体クロマトグラフによる海洋生物の機能成分の精製