阿部泰人助教が「PICES(北太平洋海洋科学機構)年次総会」においてベストポスタープレゼンテーションアワードを受賞しました。

阿部泰人助教が「PICES(北太平洋海洋科学機構)年次総会」においてベストポスタープレゼンテーションアワードを受賞しました。おめでとうございます。

賞状を手にする阿部助教
発表の様子

授賞団体名:(Society Name)

北太平洋海洋科学機構(PICES)

開催日: (Date)

2018年10月25日~2018年11月4日(25 October 2018~4 November 2018)

賞名:(Award)

Best Poster Presentation Award

氏名:(Name)

阿部 泰人(Hiroto Abe)

職名:

助教

所属:(Lab.)

海洋生物資源科学部門 海洋計測学分野

 

2018年10月25日~11月4日に神奈川県横浜市で開催された国際会議PICES(北太平洋海洋科学機構)において、衛星資源計測学領域の阿部泰人助教が、Best Poster Presentation Awardを受賞しました。PICESは、北太平洋の対象となる海域を科学的に解明するため、加盟国が協力して生物資源並びに海洋環境及び海洋と陸地、大気との相互作用、気象変動との関係、海洋利用、海洋資源等についての調査、研究を推進する国際機関です。

阿部助教はSession 7において
“Sediment-associated phytoplankton release from the seafloor in response to wind-induced currents in the Bering Strait”
というタイトルでポスター発表しました。

海氷後退が急速に進行する太平洋側北極海において、太平洋水がわずか80kmの狭い海峡を通って北極海へ抜ける時、流れが強化されますが、この局所的に強い流れが、有機物を含む海底堆積物を巻き上げることを突き止めました。巻き上げられた有機物は、北極海へと輸送され、その過程で海底へと沈降するため、海底生物へのエサ供給メカニズムとして、重要な役割を果たすと考えられます。海峡通過流量は、近年増加傾向にあるため、このメカニズムは今後益々重要になると予想されます。