水産学部が函館港まつり「ワッショイはこだて」に参加

部局ニュース

水産学部が函館港まつり「ワッショイはこだて」に参加

 8月3日(金),水産学部は今年も函館港まつり「ワッショイはこだて」のパレード(堀川・五稜郭コース)に地域連携活動の一環として参加しました。函館最大のイベントである函館港まつりは,毎年8月1日から5日までの5日間にわたって開催されます。特に今年は市制施行90周年・開港153周年という節目の年にあたり,花火大会やパレード,露店などで函館中がにぎわいを見せていました。
水産学部がパレードに参加したこの日は天候にも恵まれ,桜井泰憲副研究院長や川上 豊事務長をはじめとする教職員や学生約150名が,鮮やかな水色のハッピやTシャツ,様々に趣向を凝らした仮装を身にまとい,函館名物の「いか踊り」を踊りながら元気よく街を練り歩きました。沿道には大勢の観客が詰めかけ,盛んな拍手や声援が飛び交う中「北海道大学水産学部」の横断幕や旗を高々と掲げ,本学部を十分にアピールしました。
パレードの様子

パレードの様子

元気いっぱいの学生

元気いっぱいの学生

横断幕を掲げ水産学部をアピール

横断幕を掲げ水産学部をアピール

参加した多くの教職員・学生

参加した多くの教職員・学生

(水産科学院・水産科学研究院・水産学部)