2005年3月20日から3月23日まで、中国上海市を訪問しました。北大側のメンバーは21COE拠点リーダーである山内水産科学研究院長、国際交流委員長の飯田教授をはじめ、今野教授、原教授、木村教授および上海水産大学からの留学生袁さんの6名が参加しました。訪問は以下のような日程で行ないました。
 21日午前は上海水産大学を訪問し、潘校長、程副校長らと本年7月に行なう北海道大学と上海水産大学との学術交流協定締結調印に関する打合せ、さらに午後には各学科代表を加え、記念シンポジウムの打合せを行ないました。また、上海水産大学の最高責任者である葉教授との晩餐会に招待され、旧交を温めました。
 22日には上海市政府の国際協同課の超主任科員と面談ができ、上海水産大学との交流の後押しを約束して頂きました。
 本件に関しては同行した袁春紅氏の上海訪問報告をご参照ください。
 
<上海水産大学表敬訪問>
正門を入って 潘 校長・程 副校長を囲んで
潘 校長と山内 研究院長 潘 校長を囲んでの昼食会
上海水産大学教官との懇談会
大学構内にて、日本側参加者ら
葉 校務委員会主任主催の夕食会
 
<上海市内>
繁華街 ダウンタウンをバックに
 
<上海市政府表敬訪問>
超 国際共同主任との会談 超 主任を囲んでの夕食会
ページTOPに戻る